世田谷区・目黒区・大田区のエクステリア・外構工事|プラッツ 東京都世田谷下馬

お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
電話番号03-5433-0780

植栽の豆知識

剪定について

Q  剪定しなくてもよい木はありますか?  »

基本的にはありません。 お庭で使う植物は、1年に1~2回を目安に剪定をしてあげましょう。 剪定をすることで、きれいな姿を保てること、風通しや日照が良くなることで病気の発生も防ぐことができます。 大きく育ってから、剪定をす […]

Q  初夏に剪定したらよい木は?  »

【Answer】 サザンカ、ツバキ、トキワマンサク、ミモザ、ジンチョウゲ、シャクナゲ、サツキ、ツツジなど春に花が終わり、初夏に翌年の花芽を付ける常緑樹、また、常緑樹の強い剪定は、尾の時期がオススメです。

Q  夏に剪定したらよい木は?  »

【Answer】 モクレン、コブシ、ハナミズキ、エゴノキ、ライラック、ドウダンツツジ、紫陽花などの初夏までに花が終わり、夏に翌年の花芽を付ける落葉樹

Q  晩秋に剪定したらよい木は?  »

【Answer】 シマトネリコ、マサキ、モチノキ、ヤマモモ、キョウチクトウ、ミモザなど成長の早い樹です。 常緑樹はこの時期以降の剪定は、木が傷むので避けましょう。

Q  冬に剪定したらよい木は?  »

【Answer】 サルスベリ・フヨウ・モミジ・ビョウヤナギ・ザクロなどの 翌年の春に花芽を付ける落葉樹。または落葉樹の強い剪定はこの時期がお勧めです。

「剪定について」カテゴリーの記事一覧へ »

お庭を楽しむ豆知識

Q  良い香りのする植物は?【春】  »

■ジンチョウゲ 冬の終わり、2~3月頃に花が咲き、香りが広がります。 ■ハゴロモジャスミン 3~5月に白い花がたくさん咲きます。つぼみのピンクも美しく人気があります。ジャスミンは香水にも使われる香りです。 ■ヒヤシンス […]

Q  良い香りのする植物は?【夏】  »

■チューベローズ 乳白色の花が咲き、強い芳香を放つ。特に夜間に香りが強くなります。 ■クチナシ 香水にも使われる甘く、芳醇な香り ■ラベンダー 晩春から夏にかけて小さな花を沢山つける

Q  良い香りのする植物は?【秋】  »

■キンモクセイ 咲いている間、ずっと強い香りを放ち、遠くからでも香ってくる秋の訪れを教えてくれる香り ■サザンカ 晩秋からお正月頃まで咲き、香りが楽しめる ■ヒイラギモクセイ キンモクセイに少し遅れて咲き始める。クリーム […]

Q  良い香りのする植物は?【冬】  »

■スイセン 綺麗な花の姿と香りがまるで「仙人」のようだった所から命名された ■ロウバイ 正月頃から咲きだす。花の少ない時期にとても良い香りの花。  

Q  蝶の集まる木  »

【Answer】 クスノキ、アラカシ、柚子や夏みかん、レモンなどの柑橘系、サンショウ、パンジー、ビオラなどがバタフライガーデンにぴったりです。 ※蝶が集まるという事は、産卵し、アオムシが育ちます。葉が食べられたりします。

「お庭を楽しむ豆知識」カテゴリーの記事一覧へ »

身近な植物の豆知識

Q  野良猫退治が出来るハーブは?  »

【Answer】 猫はレモンの香りが苦手と言われています。 ■レモンマートル フトモモ科 常緑樹 葉はレモンの香りがするシトラールを多く含み、抗菌作用が強い。レモンよりレモンの香りが強い。葉をちぎってお庭にまいておくと、 […]

Q  散歩中の犬が植物を食べて具合が悪くなった  »

【Answer】 犬が中毒を起こす植物は 紫陽花、アサガオ、アロエ、月桂樹、サフラン、シクラメン、ジャスミン、チューリップ、ツツジ、ヒイラギ、ベゴニア、ホウズキ、ユリなど 身近にたくさんあります。症状としては、嘔吐、下痢 […]

Q  身近にある危険な植物はなんですか?  »

【Answer】 スズラン・アセビ・キョウチクトウ・シュウカイドウ・ベゴニア・エゴ・エンジェルストランペット・カロライナジャスミンなどなど、身近なものでも、毒性の強いものがたくさんあります。 樹液や根などに毒がある場合も […]

「身近な植物の豆知識」カテゴリーの記事一覧へ »

コンテナガーデンAtoZ

Q  植え替えとは  »

【Answer】 多年草の場合、年に1回~数年に1回植え替えをしましょう。古くなった土を落とし根を整理し新しい鉢に植え替えることでより長く植物と過ごせることになります。

Q  咲き終わった花はどうするの?  »

【Answer】 花が咲き終わった後の花ガラ摘みは、次の花芽をつけてさせてあげるとっても大事な作業です! 花だけを摘み取るのではなく、茎の根元から摘み取ってあげましょう。(草花の場合)茎から枝分かれして、お花が付いている […]

Q  施肥  »

【Answer】 まずは植え付ける際の土に元肥を。花壇などとは違い、限られた土なので植物の状態を見ながら定期的に追肥を施してあげましょう。ただし、肥料は与えすぎると栄養過多の状態になり、逆に植物が弱ってしまうことがありま […]

Q  ポット苗を植えるには?  »

黒いポットの苗を5つ購入しました、鉢の大きさや素材はどんなのがよいですか? 【Answer】 5ポットですと、丸いタイプなら直径30cm 高さ10cmくらい 長方形だと20cm×35㎝ 高さ10cmくらいが理想です。 […]

Q  水やりの頻度がわかりません  »

【Answer】 植物の水やりは【乾いたらたっぷり】が基本です。 1番NGなのは、【毎日ちょろちょろ】あげる事です! 土の表面が乾き、表土がパサパサになったところで、鉢の底穴から溢れるまで、お水をあげましょう。 水やりに […]

「コンテナガーデンAtoZ」カテゴリーの記事一覧へ »

ハーブとその効能

Q  花粉症に効くハーブって何ですか?  »

【Answer】 ペパーミント 鼻づまり解消  →ハーブティー、リキュール、うがい薬に。 カモミール アレルギー症状を和らげる  →シップ、花の抽出液はリンスに、ハーブティー

Q  筋肉痛に効くハーブって何ですか?  »

【Answer】 ローズマリー 疲労回復に効果あり。筋肉を柔らかくしてくれます。お風呂に入れる事で、新陳代謝を促進し、とても体が温まります。血行障害、リウマチ、肩こりにも →精油は化粧水や入浴剤にも。 肉の臭み取り、ハー […]

Q  湿疹やかぶれに効くハーブって何ですか?  »

【Answer】 カモミール 毛穴の汚れを落とす、肌の引き締める。「マザーハーブ(母の薬草)」とも呼ばれています。 →湿布、ハーブティー マリーゴールド 皮膚や粘膜を保護します。 →飲用や湿布、塗付して用います。ローショ […]

Q  ダイエットに効くハーブって何ですか?  »

【Answer】 セージ 肥満解消に効果あり。老化作用防止で話題になった抗酸化作用も保持しており、効果として効果防止、身体の調子を正常なものにする働きもあります。 →浸出液で白髪予防、チーズの風味付け、豚肉やソーセージの […]

Q  便秘に効くハーブって何ですか?  »

【Answer】 ペパーミント 整腸作用、血行を良くする →ハーブティー、リキュール、うがい薬   ローズマリー 胃腸の働きを高めます →肉の臭み取り、化粧水や入浴剤にも

「ハーブとその効能」カテゴリーの記事一覧へ »

バラ(薔薇)について

Q  バラの剪定の時期について教えてください。  »

【Answer】 1月中旬から2月中旬までの剪定がベストです。剪定のタイミングは、3℃以下が2~3週間続いた後の、株に栄養が溜まっている状態で剪定する事がが大切です。 そうすると、剪定後に、新芽や枝が芽吹くエネルギーに栄 […]

Q  ミニバラの育て方  »

【Answer】 ミニバラの多くは「四季咲き」(12~2月の休眠期を除いて開花するタイプ)です。 【置き場所】10時くらいまで日が当たる場所が理想的です。風通しのよさもポイントです! 【水やり】表面の土が乾いたらたっぷり […]

「バラ(薔薇)について」カテゴリーの記事一覧へ »

植物と暮らす

Q  植物っていつでも手に入るの?  »

季節により流通が大幅に変わります。春先や秋にかけては多くの植物が市場に出回りますが、真夏や真冬には流通量が少なくなります。また種類によって流通の時期が異なるためにご要望の植物などがございましたら、お気軽にお問い合わせくだ […]

Q  手のかからないお勧めの木はなんですか?  »

常緑樹(基本的に1年中葉がある)ですとシマトネリコやオリーブ 落葉樹(基本的に冬に葉を落とす)ですとヒメシャラやヤマボウシなどは比較的に管理も容易で姿も美しいためにお勧めの木です。 ただし日当たり、風通しなど植える環境が […]

Q  剪定しなくてもよい木はありますか?  »

基本的にはありません。 お庭で使う植物は、1年に1~2回を目安に剪定をしてあげましょう。 剪定をすることで、きれいな姿を保てること、風通しや日照が良くなることで病気の発生も防ぐことができます。 大きく育ってから、剪定をす […]

Q  病害虫の付かない木はありますか?  »

病気や害虫は飛来してくるものなので消毒などで予防することはできますが、全く害虫の付かない植物を探すのは、困難です。 しかしながら、病害虫に強い植物はありますので、オススメをご紹介します。■シマトネリコ・・・常緑樹*白い煙 […]

Q  常緑樹と落葉樹ってどう違うの?  »

一年中葉が付いているか、否かの違いです。 葉は入れ替わるので落ち葉の掃除はどちらも必要になります。目隠しなどには一年中葉の付いている常緑樹が適しているといえます。

「植物と暮らす」カテゴリーの記事一覧へ »

インテリアを彩る観葉植物

Q  観葉植物のお手入れとは?  »

水やり・・・土がしっかり乾いてから、鉢の底穴から水が出るまで、たっぷり与える。表面だけに水を与えると、根が呼吸出来ず、根腐れの原因になります。 葉の埃とり・・・葉に埃が付いていると、葉ダニなどの病害虫が発生しやすくなりま […]

Q  葉の下の方が黄色くなってきた  »

観葉植物の下の方の葉が黄色く枯れてきました。病気ですか? 【Answer】 新芽が成長していれば、病気ではありません。 成長に従って老化してくる葉がでてきます。 黄色くなった葉が緑に戻る事はないので、取り除いて下さい。 […]

Q  浴室に植物を置きたいのですが  »

浴室は湿度が高い為、葉が多く茂っている植物は蒸れやすく、不向きです。ドラセナやヤシが適しています。 しかし、日差しがあり、明るい場合に限ります。 窓がないユニットバスでは、どんな植物も育てる事が出来ません。 過湿状態が続 […]

Q  春の管理は?  »

冬の間休眠していた植物は、とても弱くなっています。 4、5月で気温が15度以上になったら、積極的に日光に当てましょう。ただし、いきなり直射日光に当てず、初めはレースのカーテン越しのような場所から、徐々に慣らしていきましょ […]

Q  夏の管理は?  »

夏は生育期です。 水も沢山吸収しますので、こまめに土のチェックをして、乾いていたらたっぷりと与えましょう。 真夏の直射日光は、葉焼けを起こす場合があります。長時間直射日光が当たるような場所は避けて下さい。エアコンの風が直 […]

「インテリアを彩る観葉植物」カテゴリーの記事一覧へ »