世田谷区・目黒区・大田区のエクステリア・外構工事|プラッツ 東京都世田谷下馬

お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
電話番号03-5433-0780

インテリアを彩る観葉植物

インテリアを彩る観葉植物

Q  観葉植物のお手入れとは?  »

水やり・・・土がしっかり乾いてから、鉢の底穴から水が出るまで、たっぷり与える。表面だけに水を与えると、根が呼吸出来ず、根腐れの原因になります。 葉の埃とり・・・葉に埃が付いていると、葉ダニなどの病害虫が発生しやすくなりま […]


Q  葉の下の方が黄色くなってきた  »

観葉植物の下の方の葉が黄色く枯れてきました。病気ですか? 【Answer】 新芽が成長していれば、病気ではありません。 成長に従って老化してくる葉がでてきます。 黄色くなった葉が緑に戻る事はないので、取り除いて下さい。 […]


Q  浴室に植物を置きたいのですが  »

浴室は湿度が高い為、葉が多く茂っている植物は蒸れやすく、不向きです。ドラセナやヤシが適しています。 しかし、日差しがあり、明るい場合に限ります。 窓がないユニットバスでは、どんな植物も育てる事が出来ません。 過湿状態が続 […]


Q  春の管理は?  »

冬の間休眠していた植物は、とても弱くなっています。 4、5月で気温が15度以上になったら、積極的に日光に当てましょう。ただし、いきなり直射日光に当てず、初めはレースのカーテン越しのような場所から、徐々に慣らしていきましょ […]


Q  夏の管理は?  »

夏は生育期です。 水も沢山吸収しますので、こまめに土のチェックをして、乾いていたらたっぷりと与えましょう。 真夏の直射日光は、葉焼けを起こす場合があります。長時間直射日光が当たるような場所は避けて下さい。エアコンの風が直 […]


Q  秋の管理は?  »

秋は寒い冬を乗り切る準備期間です。沢山日光に当てて、元気な状態で越冬できるようにしておきましょう。水を少しずつ減らして、やや乾燥気味に育てる事で、耐寒性を強くしましょう。


Q  冬の管理は?  »

冬は休眠期です。 氷点下ならない暖かい場所で管理しましょう。 日中、陽が当たる窓際は、夜になって急激に気温が下がります。 移動出来るようであれば、窓際から離れた場所に置いて下さい。 暖房の効いた室内は、乾燥しています。空 […]


Q  水やりはいつ、どのくらい?  »

種類によって異なりますが、基本的には、観葉植物の鉢の表面の土を触って、乾き具合を確かめてから行います。 乾燥に強い種類は、表面が乾いて2~3日後 乾燥に弱い種類は、乾きかけたら水をあげて下さい。 毎日、少しずつはNGです […]


Q  冬に元気のない時は肥料?  »

与えないで下さい。 寒い時期は休眠状態の植物も多い為、栄養素を根から吸収出来ず、土の肥料濃度が上がってしまいます。 その結果、根を傷め、枯れてしまう原因にもなります。 風邪をひいて寝込んでいる時に、無理矢理起こしてステー […]


Q  乾燥に強い植物は?  »

サボテンや多肉植物です。 葉が肉厚で、中に水分を蓄えている為、乾燥に耐えられます。水やりを忘れがちな人でも大丈夫です。 サボテンや多肉植物は、大変多くの種類があり、栽培方法も様々ですが、基本的には、加湿や蒸れに弱い為、水 […]