世田谷区・目黒区・大田区のエクステリア・外構工事|プラッツ 東京都世田谷下馬1-56-13 ReSEIN 1F

お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
電話番号03-5433-0780

球根の冬の管理はどうすればよいですか?

Q 球根の冬の管理はどうすればよいですか?

春に植えた球根が、花が終わり、今も土の中にあるのですが、土から出した方が良いですか?
冬には特別な管理が必要なのでしょうか。
【Answer】
●秋植え球根は、晩秋・冬~春に成長期、春~初夏に開花期を向かえ、その後休眠。
→夏の高温期に十分休眠させることや、冬の低温にしっかり遇わすことができないと、生育が悪かったり花が咲かないことがあります。

●春植え球根は、春~夏に成長期、夏~秋に開花期、その後休眠。
→球根が地温の低下で枯死するものが多く、通常は堀り上げて室内等で保管します。

●夏植え球根は、秋~初冬に開花(花が先に出ます。)花後に葉(成長期)その後休眠。
→寒さに強いので一度植えたら数年間放植してよい種類が多いです。